メニエール病の原因を把握する【予防するための秘策】

腎臓の働きと機能維持

相談

腎臓機能の代替

人工透析という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。正式には血液透析療法と言います。腎不全に陥った患者は尿毒症を引き起こしてしまう可能性があります。それを防ぐためには、腎臓の機能を人工的に代替する必要があります。尿毒症とは腎臓の機能の低下によって起こります。腎臓は老廃物を排出する大切な役割を担っています。また、水・電解質のバランスを維持したり、ホルモンの働きをコントロールする機能もあります。尿毒症に陥ってしまうことで、それらの機能がすべて阻害されてしまうのです。人工透析では、血液中の老廃物の除去・電解質の維持・水分量の維持をおこなうことができます。腎臓の機能が完全に滞ってしまうと生命の危機に陥ってしまいます。

施設と病院との連携

岡山県には人工透析が可能な病院は50件ほどあります。人工透析が必要な人の中には、高齢になり施設で暮らす人もいます。腎臓を患っている人にとって食事や生活習慣の管理はとても大切なことです。塩分や水分量に気を配りながら毎日の食事をしなくてはなりません。岡山県では人工透析患者への対応が可能な施設が多くあります。透析病院との提携をしていたり、食生活への配慮も万全な施設を見つけることができます。自身で着替えなどができない場合は、病院への付き添いも必要となります。岡山県内には、人工透析を必要とする高齢者でも安心して入所できる施設が充実しています。高齢化が進む日本で、今後岡山県のように透析病院と連携が取れた施設は、増加していくと考えられています。