メニエール病の原因を把握する【予防するための秘策】

血糖値、大丈夫ですか

女性

外食やお酒の量の多い人は

日ごろ外で食事をすることの多い人やお酒をよく飲む人は、都筑区の内科で定期的に健康診断を受けておくと安心です。このような食習慣の人は、血糖値が高くなりやすいといわれているためです。血糖値が高くなると高血糖という状態になりますが、高血糖になってもこれといってわかりやすい自覚症状が出るわけではありません。そのため、自分で気づかない間に高血糖になっているかもしれないのです。高血糖になっているのに気づかずに同じような食習慣を続けていると、いずれ糖尿病になる可能性があります。糖尿病になると食事制限が必要になることもあるので、食べることや飲むことが大好きな人にはつらいものです。そうしたことから、高血糖かどうかこまめにチェックできる都筑区の内科での健康診断が人気となっています。

こんな症状に要注意

高血糖になってもはっきりとした症状が出ることはまれですが、そんな中でも比較的多くの患者に共通して現れる症状があるので、次のような心当たりがあればすぐに都筑区の内科で相談してみるのがよいでしょう。まず、多いのがご飯を食べるとすぐに無性に眠くなるという症状です。特に、それまでこうした傾向がなかった人の場合は注意が必要です。ここからさらに高血糖状態が進むと、眠いだけでは済まずに意識がもうろうとなる人もいるので早いうちに都筑区の内科に行くことです。また、糖尿病の症状としてやたらと水が飲みたくなるというのはよく知られていますが、糖分の多い菓子類などを異様に食べたくなるという症状も高血糖状態の特徴です。血液中に糖分は大量にあるのですが、それをうまく代謝できていないのでこうした症状が出ます。この場合も都筑区の内科で調べてもらった方がよいと考えられます。