メニエール病の原因を把握する【予防するための秘策】

一年に一度は検診を

病棟

お得に受けましょう

乳がんは、罹患率のとても高い病気です。ですので、毎年の乳がん検診を受けたほうがいいと分かっていても、どこで受けたらいいのかいくら位かかるのかよく分からなくて、受けていないという方も多いでしょう。早期発見の為にできれば、一年に一度は受けておきたい乳がん検診、知っておくとお得に検診が受けられます。乳がん検診は、多くの場合は自費となりますがクーポンや補助などを使って受けることもできます。自分の住んでいる自治体によっては、年齢によって無料クーポンを配っているところがあるので、ホームページなどで確認してみるとよいでしょう。また、ご自身で働いていたり、既婚者の方は配偶者の加入している保健組合での健診で受けられることもあります。うまく利用して乳がん検診を受けましょう。

どうゆうものがあるの

乳がん検診とひとことで言っても、視触診とマンモグラフィーと超音波検診の二種類に分けられます。視触診は、乳房を観察したり手で乳房やわきの下に触れてしこりがないか確認をすることです。マンモグラフィーは、板で乳房を挟んで薄く伸ばしてX線撮影をします。乳房を潰すため乳腺の発達している若い人より年齢が高い人に向いています。視触診では見つけられない小さなしこりなどを発見するのに優れています。超音波検診は、乳房に超音波をあてて画像にして異常がないかどうかを調べます。痛みがないので身体への負担がないのと、乳腺の発達している若い人に向いています。マンモグラフィーか超音波検診には、それぞれ特徴があるので、自分の年齢や身体に見合ったものを受けると良いでしょう。